MacとiPhoneは生活を豊かにする

ペンギンがMacとiPhoneを手に入れた

仕事

本業が忙しい。自由な時間を勝ち取る方法を考える。

更新日:

Mac Book Pro 2018を買ったはいいが、本業が急に忙しくなり、家に帰る → 風呂に入る → ご飯を食べる → 寝るのループに入ってしまった。
そんな私が、今回はそのループを抜け出す方法について考えてみたいと思う。

そもそもなぜ忙しいのか???

私は平日プログラマー、土日は息子にいじめ倒されるという生活をしている。

そのため、自由時間は平日や土日の夜(息子が就寝後)のみである。

そんな私は本業であるプログラマーとしての仕事の量が多く、残業を余儀無くされている状況。
私が携わっているプロジェクトは時間制の契約のもので、1ヶ月分の時間でこういうことをするよって感じである。

これが人不足の関係で、2人分(2ヶ月分を1ヶ月で実施する感じ)で割り当てられているため、効率化を心がけても時間的に難しい。

私の貴重な平日夜の時間帯はこの本業とやらに食いつぶされてしまっている

ある程度忙しいのは問題ない、というかできないことをできるようにすることは面白いのである程度まで忙しいのは大歓迎する。

しかし、今回の場合は無理な可能性が高いが私が弱いところのプロジェクトなので、これはこれで自分の成長のためのチャンスだと思っているので、今の状況に対しては特に不満はない。

この状況は社畜と呼ぶのだろうか。。。
個人的には社畜なつもりはないのだが、他からみたらどうなのかなーと書きながら思ってしまった。

解決策について考えてみる

本業は疎かにできないとして、自由な時間を勝ち取るために何ができるかを考えてみた。

本業をやめてしまう

最近一番最初に思うのはこれ。

私は寝る前に明日することを考えてワクワクし、朝起きてから現実をみて少しテンションが下がる。

この寝る前の儀式の時にやめた場合の可能性を考え、ワクワクした時によし!明日会社をやめよう!ってなる。

会社に属して働くというのは安定路線ではあるが、将来を考えた時にワクワクはしない。
イメージ的には、綺麗に整備された見通しの良い線路の上を電車が走って行くような感じ。

線路が続く限りは、その先のある程度の未来は保証されている。
人生一度きりなのに少し冒険があってもいいのかなーって個人的には思っている。

そんな私だから思うのかもしれないが、本業をやめてしまうこと。
本業をしていた時間を全て自由に使えるようになったら、どんなことができるのか???

そこを考えるだけでワクワクが止まらなくなるが、息子と嫁がいる身でそんな賭けをするのは望ましいとは言えないため、今も本業を続けている。
そのため、この案は非常に難しい。

今のプランでは、本業の他に2つの収入源を手に入れた後に野望を果たそうと思っている。

残業時間を減らす

これは微妙なところ。

実際に現在のプロジェクトは自分にとってのチャンスだと感じているし、その中でのベストを尽くそうと思っている。

仮にクオリティを低くするか、かなりの効率化をして早く帰ったとしても、残業を減らした時間 = 自由時間 にはならず家事をさせられるリスクが高くなるため、得策とは言えない。

睡眠時間を減らす

やっぱりこれが有望。
ただし、睡眠時間を減らした場合に自分の体にどのような違いが出るのかが未知数である。

私は普段、7 〜 8時間程寝ている。
これが5 〜 6時間程度までなら、減らしても問題がないのではないかと思う。

とは言えどの程度の代償が発生するのかは事前に知りたいため、影響がでてもリスクの少なくなる木曜日と金曜日から始めてみる。

おわりに

今回は、自由な時間を勝ち取る方法について考えてみた。
現時点での最有力候補は、睡眠時間を減らすというベタなものだが、一番効果がありそうなので今週より実験をしてみたいと思う。

結果について、今後別記事でお伝えしたいと思う。

Copyright© ペンギンがMacとiPhoneを手に入れた , 2019 All Rights Reserved.