iPhone

カメラ機能が向上した新型iPhone(2018)を購入したら撮りに行きたい絶景3選+リベンジ2選

投稿日:

カメラ機能が向上した新型iPhone(2018)を購入したら、個人的に撮りに行きたい絶景3選と田舎物が再度撮りに行きたいリベンジ2選を今回はお伝えする。

第3位

粟又の滝(千葉)

養老の滝とも呼ばれ、養老渓谷の滝めぐりコースのシンボルとも言える100メートル程続く大きな滝。

見頃は11月下旬から12月上旬。

新型iPhoneを購入した後に行くのであれば、操作に慣れた頃に見頃になるためタイミング的には丁度いい。

第2位

香嵐渓 (愛知県)

4000本のカエデがあるらしく、すごく綺麗。

非日常的な感覚が味わえそうで、すごくいいなと思った。

見頃は、11月中旬ごろとのこと。

ただし、口コミを見ていると渋滞に関するマイナス評価が非常に目立つため、渋滞が苦手な方は難しいかも。。。

第1位

一番行きたいところはここ。

瑠璃光院(京都府)

常に開放されているものではなく、10月1日(月)~12月10日(月)の間のみ特別拝観が可能になる特別な場所。

新型iPhone(XS, XS Max, XR)の発売時期に一番いい感じにマッチしているので、カメラ性能の確認と目の保養がてら是非とも行きたい。

というか、特別拝観のタイミングからして、新型iPhoneのカメラ撮影のために開放していると言っても過言ではない!

なお、公式ページはこちら

人生の中で、一度は行っておいた方が良い。
というか、行かないのは絶対に損だと思う。

他にも行ってみたいところはあるが、新型iPhoneの時期的にはこのへんかなと思っている。

リベンジ1

鍋ヶ滝(熊本県)

ここは、一度デートで行ったことがあるところである。
この時に撮った画像と新型iPhoneで撮った画像を見比べて、iPhoneにすることによってどのくらい綺麗になるのかを確認してみたい。

リベンジ2

高千穂峡(宮崎県)

これは、高千穂峡のボートに乗って撮影した画像。

もっと綺麗に見えていたはずなのに、スマホのカメラで撮るとふーんって感じだった。

もちろん、カメラマンの腕前によるのだろうが、新型iPhoneならカメラマンの腕が多少悪くても大丈夫だと信じているので、ここもリベンジしたいと思っている。

そして、カモ!
高千穂峡の主とも言える存在のカモ!(嘘)

こっちの方が主役なのではないかというくらい、美しい。

慣れない手つきでボートを漕いでいたら、ずーと横から付いてきて見守り続けてくれた相棒。

あのカモ元気にしているかなー。

次、行った時に同じカモに会えたらいいなと思う今日このごろ。

もちろん、仮に出会って同じように付いてきてくれたとしても判別できる自信はないのだが。。。

-iPhone
-, , , ,

Copyright© ペンギンがMacとiPhoneを手に入れた , 2019 All Rights Reserved.