Windows

MacでWindows10を動作させる方法

先日作成したイタズラアプリの動作確認を行うにあたり、Mac上でWindows10を動作させたので、その時の導入手順をお伝えしたいと思う。
※インストール時に使用するWindows10のisoについては、購入する等で自前で準備する必要がある。

今回使用するツールについて

Mac上でWindows10を動作させる方法として、大きく分けて以下の3つの方法を検討した。

- VirtualBox(無償:Macとの同時起動可)
- Parallels Desktop(有償:Macとの同時起動可)
- Boot Camp(無償:Macとの同時起動不可)

VirtualBoxは、Windows上で使用してみて、動作が重くていい思いをした覚えがないが、他の2つは有償だったり、Macとの同時起動ができなかったりと不便であったため、あまり気は進まないがVirtualBoxを使用することにした。

ツールのインストール

まずは、ここからVirtualBox本体をダウンロードする。

ダウンロードしたdmgファイルを開き、VirtualBox.pkgをインストールする。
インストール途中に以下のポップアップが表示された場合は

システム環境設定 -> セキュリティとプライバシーから「開発元 "Oracle America, Inc." のシステム・ソフトウェアの読み込みがブロックされました。」に対して、許可を押す。

これでインストールは完了。

Windows10のインストール

まずは、VirtualBoxを起動する。
左上の歯車マークから新規作成を行う。
名前に任意の管理名(Windows10x64等)、バージョンをWindows10に変更し、続きを押す。

次にメモリのサイズを指定する。
私の環境では、16GBを搭載しているため4GBをVirtualBox側に割り当てる。

次に新規ハードディスクを作成するに選択し、作成を押す。
その後、VDI -> 固定サイズ -> 割り当てるストレージのサイズを選択する。
ストレージ容量に余裕がある方はパフォーマンス重視で、固定サイズを選択することを推奨する。

作成した仮想環境に対して、矢印アイコンの起動を押し、事前に準備しておいたWindows10のisoのパスを選択する。

するとこんな感じでインストールが始まるので、UIに従ってインストールを行う。

私の環境では、インストール開始から10分程度でデスクトップ画面が表示された。

これでWindows10のインストールは完了。

おわりに

インストールまでが10分程度で終わるなんて、早すぎてすごく感動した。
Mac Book Proが早いのか、VirtualBoxが早いのかはよくわからないが、10分程度でインストールでき、ちゃんと動くので使いやすかった。

試しにこの環境に対して、VisualStudioをインストールしてガチャガチャいじってみたが、特にストレスもなく使用できたのでこのMac Book Proさえあれば大抵のことはできてしまうのではないかと感じ、Mac Book Proの今後の可能性について非常にワクワクした。

いやー素晴らしい。素晴らしいMac Book Pro。
美しい見た目に素晴らしいスペック。
スマホもiPhoneに乗り換えて見ようかなー...

余談だが、VirtualBoxとMac間でクリップボードの共有化をしたい場合は以下の設定で可能となる。

おすすめ情報

【スマホの乗り換えを検討中の方へ】
少しでも料金を安くしたい方
ワイモバイルUQモバイルでの運用がおすすめです。

【3大キャリアの料金プラン】
ソフトバンク | Docomo | au


1

iPhoneは種類が多すぎて何が違うのかが分からない。どれを選べば良いのか分からない。そんな方のためにiPhone 7 ...

2

新しくパソコンが欲しいのだけど、WindowsとMacのどちらを買った方が良いのだろう。。。 というか、私の場合はどちら ...

3

iPhoneXRを使い続けて気づけば、約10ヶ月も経ちました。 最初は重くて重くて重くて、大きくて非常に使いづらかったの ...

4

新型iPhone 11はApple Store + 格安SIM(UQモバイル/Y!mobile)で運用すべきか??? ソ ...

5

iPhoneXRスマホ代が高いから、格安SIMに移行しよう。 そんな方々に一部私のやらかしを含めて格安SIMに移行する際 ...

Copyright© ペンギンがMacとiPhoneを手に入れた , 2019 All Rights Reserved.