MacとiPhoneは生活を豊かにする

ペンギンがMacとiPhoneを手に入れた

iPhone設定

iPhoneのBluetoothとWi-Fiが勝手にオンになるのはなぜなんだ???

更新日:

iPhoneXRのコントロールセンターを見ているとBluetoothとWi-Fiを使っていないのに勝手にオンになっていて鳥肌がたった。

充電切れの状態で数日放置していたので、その反抗期か?

誰かにイタズラされたのか??

もしかして、寝ている時か???

なんて色々考えてみたが、原因は大したことなかった。

今回はiPhoneのBluetoothとWi-Fiが勝手にオンになる現象の対応方法をお伝えしたいと思う。

現象

この状態。

コントロールセンターからオフにしても、いつの間にかオンになっている。

勝手オンになるところが、非常に不気味だ。。。

原因

これは、iOS11以降の仕様らしい。

以下Appleサポートから引用。

◆Bluetoothがオンになる条件

  • コントロールセンターで Bluetooth をオンにする。
  • 「設定」>「Bluetooth」で Bluetooth アクセサリに接続する。
  • 現地時刻の午前 5 時になる。
  • デバイスを再起動する。

◆Wi-Fiがオンになる条件

  • コントロールセンターで Wi-Fi をオンにする。
  • 「設定」>「Wi-Fi」で Wi-Fi ネットワークに接続する。
  • 新しい場所に徒歩や車で移動する。
  • 現地時刻の午前 5 時になる。
  • デバイスを再起動する。

対策方法

原因がわかれば対策は簡単。

まずは、設定画面を開く。

赤枠のBluetoothとWi-Fiがオフでないことを確認する。

そして、それぞれの項目をタップし以下のようにオフにする。

Bluetooth

Wi-Fi

これで、このようにオフになっていればOK。

まとめ

BluetoothとWi-Fiが勝手にオンになるのは、iOS11からの仕様だった。。。

しかも、コントロールセンターからオフにした際の画面をよく見ると「明日までBluetoothデバイスとの接続を解除します」って書いてあるし。

Air Drop等のApple製品との連携を便利にする機能を活用するために仕方がなかったのかもしれないが、毎回毎回設定画面を開くのは面倒なので考えものの機能だと思う。

せめて長押しとかで、コントロールセンターからBluetoothとWi-Fiを完全にオフにする機能を実装して欲しかった。。。

Copyright© ペンギンがMacとiPhoneを手に入れた , 2019 All Rights Reserved.