MacとiPhoneは生活を豊かにする

ペンギンがMacとiPhoneを手に入れた

レビュー

WiMAXとネクストモバイルの比較 結局私は。。。

更新日:

ネット環境の準備にあたり、WiMAXとネクストモバイルを使用したので、感想と最終的に契約した内容をお伝えしたいと思う。

必須条件

今回選定を行うにあたり、絶対に譲れない条件はこちら。

自宅と作業エリアで使用できること

これは必須条件の中でもさらに必須の条件。
使用できないというのは論外。
田舎者なので、地味に心配な点でもある。

2年契約であること

これも絶対。
スマホの2年縛りも個人的には苦痛なため、3年契約なんて無理。
なんなら、1年契約でお願いしたいくらい。。。
(スマホは1年縛りのものしか使用しない。)

実測値が30Mbps以上であること

実家暮らしの時の速度がこれくらいであり、ストレスなく使用できていた速度であるため。
20Mbpsくらいまでなら、妥協するかも。。。

今回の候補

厳しい必須条件から、選び抜かれた精鋭達がこちら。
FUJI Wifiも候補の中にあったが、個人情報の流出が過去にあったようなので除外

WiMAX

通信速度が速い(下り最大758Mbps/上り最大112.5Mbps)
月額¥3411(2ヶ月目までは、¥2726)
容量無制限(厳密には緩めの制限がある)
・2〜3年縛り(プロバイダにより異なる)
電波が障害物に弱い(室内では使用できないかも。。。)

ネクストモバイル

・通信速度がそこそこ速い(下り最大150Mbps/上り最大50Mbps)
・月額¥3490(30GBプランで比較)
・容量は30GB(20GB/30GB/50GBプランがある)
2年縛り
電波が障害物に強い

それぞれ使用した際の感想

WiMAX

使用可能エリアで△であったため、Try WiMAXというレンタルサービスをSpeed Wi-Fi NEXT W05の最新の端末にて利用した。

△だから仕方はないのだが、とにかく繋がらない。
たまーにアンテナが、1本たったりするがすぐに圏外となってしまい、ほとんど使用できない感じ。

そんなのは事前調査済みなので、自宅の窓に貼り付けて使用してみると、これがびっくり。
アンテナが、4本中4本たち、下りが30Mbps前後/上りが2Mbps前後でた。

これなら、いけるかもという淡い期待を胸に作業エリアでの確認をすると一切繋がらない
ゆっくり移動させてみたり、パラボナアンテナ的なのを使ってみたりありとあらゆる手段を使用してみたが、たってもアンテナ1本。

そして、すぐに切れる。
作業エリアでの使用を諦めれば、ある程度は幸せになれることを確認した。

以上より、私の必須条件をWiMAXがどの程度満たしているのかは以下のようになる。

✗自宅と作業エリアで使用できること
✓2年契約であること
✓実測値が30Mbps以上であること

ネクストモバイル

WiMAXがダメだったので、ネクストモバイルのFS030W(モバイル版の方)を契約してみた。
接続の方は、端末起動直後に圏外。。。。

最悪、終わった、、、と思ったら数十秒後にアンテナが3本たち、さすがソフトバンクのプラチナバンドといったところ。

繋がるわ繋がるわ。
自宅、作業エリア共にどこでも繋がり、下りが30Mbps前後/上りが12Mbps前後

以上より、私の必須条件をネクストモバイルがどの程度満たしているのかは以下のようになる。

✓自宅と作業エリアで使用できること
✓2年契約であること
✓実測値が30Mbps以上であること

選定結果

前段までの使用感から、私の必須条件を全て満たしているネクストモバイル(30GBプラン)を契約して、使用することにした。

ネクストモバイルのサービス内容的には、今のところ満足だが、契約時のオペレーターがロボットかってくらいに棒読みでマニュアルらしきものを読み上げていたので、オペレーターにはあまり期待できないかもしれないなと感じた

前述の通りサービス内容的には満足であり、おまけにモバイル端末のバッテリーも意外と持つのでこれからも大事に使っていこうと思う。

1ヶ月レビューはこちら。

やっぱりおすすめはできない、5つの理由はこちら。

Copyright© ペンギンがMacとiPhoneを手に入れた , 2019 All Rights Reserved.