iPhone レビュー

iPhoneXR 2週間レビューと見えてきた課題

更新日:

iPhoneXRを購入してから、約2週間程度が経過した。

うち、数日間はとある事情でiPhoneXRが使用できなかったのだが、それでも見えてきた課題がある。

今回はiPhoneXRの2週間レビューをお伝えしたいと思う。

バッテリー管理による思考リソース消費量の削減

バッテリーの持ちが良くなった。

私は基本的に毎日スマホの充電をしていて多い日では1日3回も充電することがあるくらいの中毒者なのだが、iPhoneXRに変わってから仕事の日の充電は2〜3日に一回

休みの日にガンガン使った日でも一日余裕で持つ

これを賞賛せずにいられるだろうか。

いいや、無理だ。

スマホ = 毎日充電の壁が遂に取り払われた!

私の個人的な思いとしては、スマホの処理が早くなりましたとかそんなのよりもバッテリーの持ちを改善して欲しかったので、非常に嬉しい。

今までは外出先で、バッテリー残量を気にしながらちまちま使ったり、モバイルバッテリーをどうしようみたいなのがあったが、今はそんなことすら気にならない。

なぜなら、一日余裕で待つから。

これで思考リソースのバッテリー管理に関する消費量が限りなく0にすることができるので、他のもっと大切なことに思考リソースを全振りすることができる

あぁぁぁぁぁ素晴らしい!

情報収集の圧倒的な効率化

Feedlyを導入したこともあるが、情報収集時の効率が圧倒的に上がった。

今までは各サイトのホームページを開いて気になる記事があったら、それを見ていってというのを数サイト分行なっていたのだが、今は違う、

Feedlyを開けばお気に入りのサイトの記事一覧が表示されるし、そこで気に入る記事があればそのまま見ることもできる。

それをiPhoneXRという大画面で見ることができるので、情報収集の効率が圧倒的に上がった

観賞用にも最適

私はとある理由でiPhoneXRが起動できない期間があったのだが、それでもiPhoneXRは活躍していた。

それは観賞用として。

iPhoneXRは私の好きなカラーを購入したというのもあるが、とにかく美しい

撮り方は下手くそだが、非常に美しいし、目の保養にもなる。

見ているだけでも楽しめる

それがiPhoneXRの魅力だ。

歩きスマホ抑止で安全に

iPhoneXRは大きく私には片手で操作できないのだが、これは大きなメリットにもなる。

それは、歩きスマホを抑止してくれるということ。

私の場合はiPhoneXRは両手でないとほとんど扱えないと言っても過言ではない。

片手でiPhoneXRを持って歩こうもんならiPhoneXRがグラグラして安定せず落としてしまう。

私はiPhoneのアスファルトの落下 = 画面割れだと思っている。

そのため、アスファルトへの落下は極限まで警戒していて絶対に避けたい。

っということでiPhoneXRを操作する時はドヤ顔で両手持ち。

両手で持って座れるところで操作をするか、操作することを諦めるか。

いずれの場合でも歩きスマホという考えがなくなるので、非常に安全になった。

MacBook Proとの連携が神


iPhoneXRでの作業をMacBook Proで。

MacBook Proでの作業をiPhoneXRで。

iPhoneXRとMacBook Proで大抵のことは共有できる。

今までは帰ってからMacBook ProでしかできなかったことがiPhoneXRという最高のサブ機を持ち歩くことでどこででもできるようになった。

これはiPhoneXRはMacBook Proとのどこでもドア的な存在であるといっても過言ではない。

それくらいに大抵のことはどこでもMacBook Proと連携をできる。

モチベーションの向上が半端ない

これはMacBook Pro 2018を迎え入れた時からだが、iPhoneXRを迎え入れてからさらにモチベーションの向上が半端ない。

毎日毎日iPhoneXRを見て嬉しい。

そして、戯れてさらに嬉しい。

身につけていて嬉しい。

常に嬉しくて嬉しくて、日々の生活が豊かになった。

その結果、あれをしてみよう。

これをしてみようとあれこれチャレンジしてみることができるようになった。

もちろん失敗することも数多くあり、毎日反省会状態ではあるがそれでも嬉しい。

気持ちが落ち込んでいる人はiPhoneXRの好きな色の購入を検討することを激しく推奨する。

でも良いことだけではない。。。

良いことばかりあげたがiPhoneXRの嫌な点というのもある。

大画面で非常に良いのだが、やっぱりかさばるし重い

電話としても不合格だと思う

以下はiPhoneSEの本体との大きさ比較。

iPhoneXRの方がめちゃくちゃ大きくてポケットに入れて持ち歩くのは厳しい場合がある。

今まではピシッとしたズボンもギリギリ履けていたのだが、そんなズボンを履いていてはiPhoneXRをポケットに入れることまではできるがしゃがむことができない。

そのため、ゆったりめのズボンを履くこと以外の選択肢が私にはない。

もし、ピシッとしたズボンを履いてポケットにiPhoneXRを入れようと考えている方であればこの点は非常に注意する必要がある。

今後の課題

iPhoneXRを購入して使用する中で個人的に2つの課題を感じている。

実はケースに問題がある???

重い、持ちづらいと散々言いながら1つ気づいたことがある。

それはiPhoneXRのケースに問題があるのではないかと。

個人が特定されやすいようなケースを使用しているのでここでは載せないが、私が使用しているケースに問題があるのではないかと最近は感じている。

なぜなら、iPhoneXRの前に使用していた同じくらいの大きさの機種である、P20 liteを持った時になぜかしっくりときた。

この違いはなんなのだろうか???

同じクラスの大きさで多少軽いとはいえこれほどまでにしっくりとくる感じはなんなのだろうか?

その時頭の中で囁き声が聞こえた。

iPhoneXRのケースを見直してみたら。。。

そう、ケースの質感ではないか?

これを機にもう一度ケースの見直しを行おうと考えている。

今のところの有力候補は以下の通り。

これも良いけど悩む。

そしてこれも気になるけど、重さがね。。。

ミニマリスト計画

私はiPhoneXRの購入目的として、財布と鍵とスマホの3点セットから2点セットに減らすことを目的としていたのだが、現実はどうもできる気がしない。

前の予定であれば、財布をApple payにしてiPhoneと鍵の2点セットにしようと思っていたのによくよく考えればiPhoneXRに手帳型ケースは向かないし。

じゃあどうするか。

鍵と財布をどうにか1つにする方法はないか。。。

今後はそちらの方向で考えてみたいと思う。

iPhoneXRは結局オススメか

iPhoneXRは私にとっては非常に良いものなのだが、全ての人にオススメできるかというとやっぱりオススメできない。

なぜなら、重すぎるし電話としても使いづらすぎる。

それにiPhoneXRを選択することにより大きく変わることは何か?

っと言われた時にパッと浮かぶのが、バッテリーの持ちが非常に良いこととカラーバリエーションが多いこと。

それ以外は特に思い当たらない。

そのため、iPhoneXRを買うべきか買わないべきか迷ったら以下に当てはまるか当てはまらないかで検討してほしい。

こんな方におすすめ

  • カラフルなiPhoneを使いたい
  • バッテリー稼働時間の長いiPhoneを使いたい

私の場合はどちらにも当てはまるので非常に満足している

-iPhone, レビュー
-, , , ,

Copyright© ペンギンがMacとiPhoneを手に入れた , 2019 All Rights Reserved.